どんな仕事であっても未経験の場合、最初は講習があるものです。風俗店も例外ではなく、体験入店や入店を決めた段階で講習があります。

どんな講習があるかはお店によって異なります。未経験の女の子にだけ講習を行うお店もあれば、経験の有無にかかわらず新規入店者には全員講習を行っているお店もあります。

講習内容も口頭やビデオでの説明で終わることもあれば、実際に店員さん相手にプレイを行うお店もあります。

この辺りはお店によって異なりますので、どんな講習があるのかは面接のときなどに必ず確認するようにしましょう。

風俗店の講習とはどんなもの?

最初に述べたとおり、風俗店の講習内容はお店によって異なります。

デリヘルなどではないこともありますが、ヘルスやソープランドなどの店舗型のお店ではほぼ必ずあると思った方が良いでしょう。

また、しっかりと講習を行ってくれるお店ほど優良店と言えます。実際に裸になって店員さんと講習をすると聞くと恥ずかしいと思うかもしれませんが、未経験の場合は講習を一度受けておいた方が、いきなりお客さんの前に出るよりもスムーズにお仕事に入れます。

講習の流れ

基本的には実際のお仕事と同じ内容です。

そのため、多くの実技講習では実際に裸になります。

まず、お客さんと初めて会ったときの挨拶や会話、シャワー室に向かうまでの流れ、ローションやタオルなどの備品の用意の仕方について学びます。

また、実際のプレイではシャワーを浴びてからベッドに向かうまでの流れ、プレイへの移り方などです。

お店によっては実際にプレイの実技を行うこともあります。

そして最後はプレイが終わった後のお客さんのお見送りの仕方や部屋の跡片付けについてレクチャーを受けます。

女性スタッフが講習相手となってくるお店も

風俗店では男性スタッフの方が多いため、実技の講習がある場合は男性スタッフが相手となることが多いようです。

実際にお客さんとなるのは男性ですので、最初から男性スタッフで慣れておいた方が良いかもしれません。男性スタッフは未経験の女の子の講習も慣れているので、しっかりと配慮してくれます。

また、講習では射精禁止など、講習であることを明確にするためのルールが定められているお店も多いです。

一方で、女性スタッフが講習相手となってくれるお店もあります。

特にソープランドの場合はテクニックを学ぶ必要が大きいため、ベテランの先輩ソープ嬢が講習を行ってくれるお店が多くなっています。

講習ではしっかりとわからないことを聞こう

講習の流れの中でわからないことや疑問があればしっかりと確認するようにしましょう。

その方が実際にお客さんに接客する際によりスムーズにお仕事に移れます。

特に先輩が講習相手になっている場合、細かなポイントを教えてくれることもあります。最初の講習で重要なポイントを学んでおけば、後で多くの指名を獲得してたくさん稼げるようになります。

セクハラ講習のある悪質なお店に注意

優良店でなくても、普通のお店であれば、講習は女の子がお仕事に慣れるための取っ掛かりとして行われます。

しかし、残念なことに一部の悪質な風俗店では、セクハラ講習と呼ばれる講習を行っている場合があります。

これは店長や店員が入店してきた女の子と「ただで遊ぶために」講習と称して、実際にプレイをするものです。良識的なお店では男性店員が講習相手であっても、プレイは必要最低限で、発射は禁止という決まりがあります。

しかし、悪質なお店では実際に発射するまでプレイを要求されることがあります。これは女の子の講習ではなく、店長や店員が「おいしい思いをするため」です。

悪質なお店にあたってしまうと講習でも嫌な思いをすることになるので、しっかりとリサーチして優良店を見つけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です