風俗店で働くのであれば、労働環境がよく、時給も高いお店で働くのがいちばんですね。

良いお店を探すためにはコツがあります。働く側にとって優良な風俗店を探すコツ、稼げる風俗店の特徴など、初めて風俗アルバイトを探す方のためにご紹介します。

働く女の子にとって優良な風俗店を探すポイント!

優良な風俗店のポイントとは、①時給が高い、②女の子を大切にするなど労働環境が良い、③客層が良いの3つの条件を満たすお店を探すことです。

もちろん、本当に正確なことは実際に入店して働いてみるわかりません。しかし、お店のウェブサイトや求人広告からある程度推測することは可能です。

①時給が高い

ほとんどの方にとって、風俗アルバイトをするいちばんの理由はお金を稼ぐことです。

それならば、時給が平均よりも低いお店で働くことは意味がありませんね。少なくとも相場と同じ時給か、相場より少し高い時給のお店を選ぶようにすると良いでしょう。

ただし、はじめから相場と比べて変に自給が高いお店は避けた方が良いかもしれません。お仕事内容がハードだったり、客層があまりよくないなど、何らかの理由があることが多いからです。

また、時給だけではなく、女の子が頑張ったときのボーナスが充実しているお店が良いでしょう。キャバクラほどではありませんが、風俗店でも女の子が頑張れば頑張るほど、収入は多くなります。

頑張って働きたい方には、特別ボーナスが多いお店の方が向いています。

また、お店のウェブサイトを見て、働いている女の子の写真を見てみてください。パネルマジックと言って、風俗店の写真では多かれ少なかれ画像を加工しています。

女の子の写真がきれいで魅力的に撮れているお店は、集客が上手なところが多いです。逆に、素人目に見て下手だなというお店は、集客にあまり力を入れておらず、働いても稼げない可能性があります。

それから、新人の女の子が多いお店はお客さんの数が多く、やはり稼ぎやすい優良店である可能性が高くなります。ただし、女の子が次から次へと辞めて、その度に新人が入ってきているようなお店は

②労働環境が良い

時給などの直接の待遇とは異なりますが、労働環境が良いことはお仕事を続ける上で大切です。

お店の雰囲気が明るい、待合室が整備されている、女の子の相談に丁寧に応じてくれるなどの労働環境は、女の子が安心して長く働くために不可欠です。

労働環境が良いかどうかは、実際にお店に問い合わせをしたときや、面接を受けた時の対応である程度分かると思います。最初の対応の時点で雰囲気がよくなかったり、直感的に嫌だなと思った場合はそのお店は避けた方が良いでしょう。

また、対応の良さだけでなく、問い合わせに対する回答のスピードも大切です。メールで問い合わせをしたのに、数日経ってようやく返信が来るようなお店は避けた方がよいです。

しっかりしたお店なら、当日中か少なくとも翌日には返信があります。

また、お店の問い合わせ電話番号にも注意してみてください。固定電話であればしっかりとしたお店である可能性が高いです。

逆に、個人の携帯電話番号やフリーダイヤルの場合は、固定電話のお店と比べて優良店である可能性が下がります。

問い合わせは必ずするようにしましょう。問い合わせの対応だけでも優良店かどうかかなり判断することができます。

面接まで行ってしまうと、悪質なお店だとあの手この手を使って入店するように誘導してくるため、慣れていないと場の雰囲気にのまれてしまう可能性もあります。

問い合わせでしっかりと対応してくれたお店だけに絞って面接を受ければ、極端に外れのお店を引く可能性は低くなります。

また、多くの風俗店では1日体験入店もあります。体験入店で実際に働いて見れば、どんなお仕事や労働環境か雰囲気を掴めます。

もちろん、働いた分のお金はもらえますし、体験入店の女の子にはお店側が信用できると判断した常連さんだけがつくことが多いので、安心して働けます。

面接で好感触を得た場合は、まず体験入店で働いて見ると良いでしょう。

③客層が良い

いくら時給が高くて労働環境が良くても、客層がよくなければ長く続けることは難しいです。

どんなお客さんが多いかは、ある程度お店のコンセプトから分かります。

例えば、女子大生系のお店や熟女系のお店であれば、そのようなタイプの女の子を求めるお客さんが多いことが分かります。

他にも巨乳や貧乳、ぽっちゃり系など、特定の女の子のタイプを売りにしたお店もあります。

自分のタイプと一致したコンセプトのお店で働けば、お客さんのニーズとも一致するため、比較的働きやすくなります。逆にニーズに合わないとあまり指名も入らず、働きにくいかもしれません。

また、一般的に高級店ほどお客さんの質は良くなる傾向にあります。

どのようなお客さんが来るのかはもちろん問い合わせや面接で聞くこともできますが、お店のお客さん向けのウェブサイトを確認するという方法もあります。

お店がどのようなキャッチコピーやコンセプトで宣伝を行っているか見れば、どのようなお客さんが多いかある程度分かります。

あまり女の子を「おもちゃ」にしているような内容であれば、女の子を大切にしていないお店の可能性もあります。もっとも、お客さん向けの宣伝ということもありますので、実際に問い合わせをしたり、面接をしたときの雰囲気と合わせて総合的に判断すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です