急にお金が必要になった…!

今の仕事は給料が低いからもっと大きく稼ぎたい…!

いろいろな理由から夜のお仕事を考える女性の方も多いと思います。

そして夜のお仕事の代表と言えば、キャバクラと風俗店。

この二つのお仕事はどのような違いがあるのでしょうか?

どちらの方がより多く稼げるの?どちらの方が仕事がハード?

キャバクラと風俗バイトの違い

キャバクラはお客さんが女の子とお酒を飲んで主に会話を楽しむお店です。

ボディータッチが暗黙のうちに認められているお店もありますが、基本的におさわりはNG*。

*ただし、常連さんになるとある程度許している女の子もいるようです。この辺りは女の子の個人的な判断によります。

女の子の主なお仕事は、お客さんにお酒をつぎ、お話の相手となることです。また、女の子もお酒を飲むことが求められます。

一方、風俗店は、手や口を使ってお客さんの体に性的なサービスを行うことが主な仕事になります。

もちろんお客さんとの会話は発生しますが、お酒を一緒に飲むようなことはありません。

キャバクラと風俗店では、一般的には風俗店の方がハードなお仕事になります。その分、キャバクラよりも風俗店の方が平均的にお給料が高くなります。

風俗よりのセクキャバやソフトな風俗店も

キャバクラと言っても、風俗に近いキャバクラもあります。

それはセクキャバというタイプのお店です。

お店にもよりますが、セクキャバでは女のはトップレス、つまり上半身裸でサービスを行います。また、ボディータッチやキスが認められているお店も多くあります。

セクキャバの方が普通のキャバクラよりもハードなので、その分お給料は高めになります。風俗店に比べると給料は少ないですが、その分肉体的なハードさも少なくなります。

また、ランジェリーキャバクラと言って女の子が下着姿で接客を行うキャバクラもあります。こちらは露出は多くなりますが、ボディータッチやキスなどのお触りは禁止されているお店が多いようです。

風俗店では、個室ヘルスやデリバリーヘルスなどでは手や口を使ってサービスを行います。また、ソープランドでは本番ありとなります。

一般的にこれらのお仕事はハードですが、風俗の中にはより体力的なハードさが少ないお仕事もあります。

例えば、オナクラではお客さんの自慰行為を見るだけのお仕事になります。お客さんのボディータッチも禁止されていることが多いため、肉体的な接触はありません。また、女の子が着衣のまま働くお店も多いようです。

また、性感エステは手だけを使ってサービスを行うお店です。肉体的接触は生じますが、ハードさやリスクはヘルスやソープに比べたら低くなります。

キャバクラのメリットとデメリット

キャバクラのメリットは、第一に風俗店と比べてハードルが低いことです。また、ある意味では華やかな世界で働けるという利点もあります。

風俗店には抵抗があっても、キャバクラなら働けるという方は少なくないでしょう。

風俗店に比べると体力的なハードさも少なく、肉体的な接触がほとんどないため、リスクも低くなります。その分、平均的に自給は安いですが、それでも普通のお仕事に比べるとより高いお給料をもらえます。

デメリットとしては、生活が不規則になることです。

夜遅くまで起きて、たくさんお酒を飲むため、お肌が荒れたり、体調を崩しやすくなってしまいます。

また、キャバクラでどれだけお酒を稼げるかは、どれだけ個人で営業を頑張れるかにかかっています。指名を獲得するためには、プライベートな時間であってもお客さんとLINEなどで連絡を取り合う必要があります。

そのため、精神的なキツさという点では、ある意味では風俗店よりも厳しい面があります。

風俗店のメリットとデメリット

風俗店のメリットは、まず時給が高いということが挙げられます。

そのため、少ない勤務時間でキャバクラで働くよりも多くのお金を稼ぐことができます。

また、キャバクラでは指名を獲得するために個人の営業努力が必要となり、24時間休みなくお客さんに営業メールなどを送らなければいけないこともあります。

もちろん、風俗店でも個人の営業努力がなければ人気を得てたくさんの指名を受けることは難しいのですが、風俗店はお店が営業を行ってくれるため、キャバクラよりも個人の努力は少なくてすむ傾向にあります。

風俗店のデメリットとしては、お客さんとの肉体的な接触が多いために、体力的にハードな仕事であることが挙げられます。肉体的な接触があるということで病気を移されてしまうリスクもあります。

また、キャバクラと比べて、家族や友人に働いていることを言いにくいというデメリットもあります。

もちろん、この辺りはオナクラや性感エステなど、よりソフトな風俗店で働くという選択肢もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です