最近では自分が選んだ仕事として風俗を頑張る方もいますが、多くの方は風俗アルバイトを家族や友達には内緒にしたいと思うはずです。

そのあたりの事情はお店の側もよくわかっているので、家族や友人にバレないようなアリバイをつくってくれることもよくあります。逆に言えば、アリバイをしっかりと作ってくれるお店は優良店である可能性が高いと言えるでしょう。

風俗店はどんなアリバイをつくってくれるの?

優良店であっても、必ずアリバイをつくってくれるわけではありません。このあたりはお店の規模や方針にもよります。

アリバイをつくってくれるお店で働きたいのであれば、求人広告に「アリバイ対策あり」と書いているお店を選ぶと良いでしょう。

また、問い合わせや面接時に具体的にどんなアリバイ対策をしてくれるのか確認すれば、採用される前に自分が望むアリバイ対策があるかどうか分かります。

具体的にどんなアリバイ対策があるの?

いちばん多いのは、風俗店以外も経営している会社で、風俗店以外の会社で働いていることにしてくれるアリバイ対策です。

実は風俗店を経営する会社の中には、飲食店やアパレルショップ、不動産会社などのさまざまな事業を手掛けている会社もあります。

そのような規模の大きい会社の風俗店で働けば、他の業種で働く社員ということにしてもらえます。

また、単に名目だけの社員ではなく、社員証や名刺を発行してくれたり、給与明細を別の会社の名前で発行してくれたりします。

風俗店が本業の場合でも、アリバイ対策をしっかりとしてくれるお店なら、家族や友人にも内緒で働けることができます。

週に1日や2日の勤務だけならアルバイトやパートと言うことができるので、もっと簡単に秘密にすることができるでしょう。

デリヘルの場合、NG電話番号の設定も可能

デリヘルで働く場合、NG電話番号の設定が可能です。これは、NGにした電話番号から依頼があった場合、他の女の子を派遣してくれるシステムです。

万が一、友人や知人からお店に連絡があっても、偶然鉢合わせしまうということはないので安心です。

風俗店で働いていることを秘密にする方法

AV女優の場合、映像で出演し、さらに現在ではインターネットで誰でも情報にアクセスできるため、知っている人が見ればすぐに身元が分かってしまいます。

一方、風俗店の場合は、希望すればウェブサイトや雑誌に情報が掲載されることはありませんし、掲載されたとしても顔を写さないこともできますので、しっかりと気をつけていればお店のウェブサイトや雑誌からバレてしまうことはないでしょう。

ただ、写真を載せる場合は一応注意が必要です。

ほくろやあざなど、特徴的なポイントがある場合は、写真を加工して消してもらえるようにしましょう。

また、身バレを防ぐためには、普段とは違う髪型にしてみたり、いつも着ている服とは違う雰囲気の服を着るようにすると良いでしょう。

人は全体の雰囲気で他の人を認識するため、特徴的なポイントを消した上で、違う雰囲気で写真に写ればバレる可能性をグッと低くすることができます。

お金遣いに荒くならない

風俗アルバイトは時給が高いため、ある程度まとまった時間働けば、かなりのお金を稼ぐことができます。

特に一般的なアルバイトや正社員の仕事をしてから、初めて風俗店に入った場合は、あまりにも多く稼げるので驚いてしまうでしょう。

しかし、お金が入ったからと言って、急に派手な生活になってしまうのは身バレの危険が高まります。特に風俗で働いていることを内緒にしている場合はリスクが高いです。

普通のOLのはずなのに、急に高級ブランドのバッグや服をいくつも買ったなり、短期間で何度も旅行に行ったりすると、周りの人はすぐに疑問に思うはずです。

せっかく稼いだお金ですので、もちろん好きなことに使うのは自由ですが、身バレを避けるためにはなるべく不自然でない生活を送るようにしましょう。

うっかり風俗アルバイトをしていることを話してしまわない

ウェブサイトや風俗情報誌の情報よりも知人バレしやすいのは、何気ない会話の中でうっかりと話してしまうことです。

特に風俗店で働き始めたばかりの頃は本人も気を付けているため、うっかり口が滑ってしまうことはありません。しかし、ある程度の期間働き続けて仕事に慣れてくると、ふとした会話の中で思わずしゃべってしまうことがあります。

日本では未だに風俗アルバイトに対する偏見を持つ人も少なくありません。

また、口がかたいと思っていた友達でも、あっさりと他の友達にばらされてしまったりするため、風俗アルバイトを打ち明ける場合でも相手は慎重に選びましょう。

アリバイ対策で他の職場で働いていることになっている場合は、あまり細かいウソをつかないようにするのもポイントです。

あまり細かいウソを積み重ねると、自分でもその内容を忘れてしまいます。その一方で、人の会話の細かい話まで覚えている人もいるので、ウソがばれたり、怪しまれたりすることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です